2009年10月10日、横浜共闘会議から現調に来て下さいました。毎年来て下さっています。前日の9日、横浜食肉市場人権推進協議会主催の人権講演会でお会いさせて頂いた青年部の人たちも5人来てくださっていました。
 
 2009年10月11日、「第35回カトリック正義と平和全国集会2009埼玉大会」がカトリック大宮教会を主会場に埼玉県の各地で開かれました。カトリック所沢教会では「狭山事件」を中心テーマとして午前中は教会で挨拶をさせていただき、午後から狭山現調に来て下さいました。
 この日は広島県からも子ども会の皆さんが現調に来て下さり、教会の皆さんと一緒に現調をし、富士見集会所で交流会をしました。

 2009年10月12日、部落解放同盟埼玉県連女性部と部落解放埼玉県共闘会議の皆さんの現調がありました。午前中現調、午後から富士見集会所で狭山弁護団・山本弁護士から「狭山第三次再審における証拠開示の意味と現状」と題して講演がありました。80人あまりの人が来てくださったので、部屋に入りきれない程でした
 
 第3次再審請求が今大きく動き、また最大の山場でもあるということから、多くの人たちが現調に来て下さっています。皆さんのエネルギーが狭山を動かす力です。