2010年6月13日、東京清掃労働組合の皆さんが狭山現調に来て下さいました。
現調を十数年続けて下さっています。
午前中は富士見集会所でテレビ朝日「ドキュメンタリ宣言」を視聴し、山場を迎えている狭山第三次再審の現状と、さらなる支援の訴えをさせていただきました。

   

 朝から曇り空でしたが、午後からの現調も何とか雨が降らずほっとしました。
狭山の闘いを、東京清掃労組の皆さんが長い間支援し続けて下さっています。次の現調の時にはいい報告ができるようにとの思いです。石川は科学の力によって無実を明らかにする証拠が出されているので、裁判所は事実調べをしていただきたい、との思いをこめて上記歌を詠みました。皆さん有難うございました。