サンデー・フロントライン「ニュースの記憶」
追跡「狭山事件」半世紀の謎
放映中

 6月19日は朝日テレビの「サンデー・フロントライン」で「狭山事件の真相」が放映されました。この日は東京清掃労組から現調に来て下さった人たちと一緒に富士見集会所で食い入るようにテレビを見ていました。11時ごろから狭山が始まると聞いていたので、11時から今か、今かと待っていましたが、11時10分、やっと始まったときはホッとしました。作られたディレクターの方たちが若くて、でもとても狭山を勉強してきて下さっていたので、仕上がりを楽しみにしていました。現地調査に来て下さった皆さんと一緒に見られたのも良かったと思いました。石川が訴えたいことや、石川を犯人とするにはあまりにも多くの疑問点が解明されていないこと、また証拠が隠され続けている事など短い時間ではありましたが丁寧に撮られていたと思います。内容については「ストーンリバー」のブログ(2011−6ー21)に的確にまとめられています。午後からは東京都連のUさんの案内で現地調査をされました。Uさんが「マスコミがきちっと狭山を報道してくれている。狭山が音を立てて動き始めた」と挨拶されましたが、まさに狭山が今音を立てて動き始めています。

   
「狭山が音を立てて動き始めた」 「私は1ヶ月近く無実を 訴え続けた」