2013年6月15日、部落解放神奈川県共闘会議の皆さんが現調に来てくださいました。
天気予報は雨で心配しましたが、曇り模様のまま何とか雨も降らずほっとしましたが、この日は蒸し暑く、汗だくの現調となりました。

 午前中は富士見集会所で、交流学習会、午後から現地調査をしました。
 共闘会議から三河・神奈川県連委員長が「事件発生から50年、何としても無罪を勝ち取りたい、神奈川の地から全力で闘う」とあいさつを頂きました。
 石川は「皆さんの声で裁判所を動かせて下さい。ハガキや署名で、直接裁判所や検察庁に声を届けて下さい」と訴えました。
 毎年現調に来て下さる皆さんですが、皆さんに現調に来て頂かなくていい日が早く来るように、私たちも今を精いっぱい闘いぬきます。ありがとうございました。