2013年7月13日、奈良県から朝5時に出発し、バスで8時間近くかけて狭山に来てくださいました。20年以上前現調に来て下さったという人や、初めてのかたも。13時30分から現調、その後富士見集会所で交流学習会をし、皆様から寄せ書きを頂きました。5年前、全国女性集会が、群馬県で開かれましたが、その時狭山分科会で出会わせて頂いたNさん、今年5月、愛知県で開かれた全国女性集会にも狭山分科会で発言をしてくださいましたが、「来年は全国女性集会が奈良県で開かれます。待っています」と話されました。またお会いできることを楽しみにしています。

  2013年7月6日、兵庫県の新温泉町狭山同対審共闘会議から今年も現調に来てくださいました。現調は初めての方や、これまで来て下さった人も。復元された「カモイ」の前で「こんなに見やすいところにある『万年筆』を家宅捜索で見落とすはずはない。裁判官は現地に来て『カモイ』をみてほしい。事実調べや、証拠開示要請のハガキを出します」と話されました。7月13日、「とてもいい表情の写真がありましたのでお送りします。8月の『現地報告会』に向け準備中です一日も早く無罪を勝ち取りましょう」とお手紙、写真を送って頂きました。

 2013年7月15日、「狭山事件を考える添田町民の会」の皆さんが現調に来てくださいました。今年は何度狭山現調に来て頂いたのでしょうか。「狭山が原点」との思いで闘い続けられています。

 このところずっと35度を超える猛暑日の中を現調に来て下さった皆様本当にありがとうございました。