4月29日にこだわって   現調(2015年月4月29日)

 4月29日は祝日で「昭和の日」となっている。もともとは「昭和天皇」の誕生日が祝日となっていたが、その後「みどりの日」となり、いつのまにか「昭和の日」になっていた。昭和天皇を戦争責任者として祝日と認めない人や、祝う人などさまざまに異見があるが、「貴あればその対極に賤あり」と、この日にこそと狭山現調を続けて下さっている「部落解放を考える婦人の会」の皆さんが現調に来て下さった。

私が狭山に来てやがて18年になる。

 
 レモンの木の前で

 毎年皆さんと出会うのを楽しみにしている。しかし、年月が過ぎ、今病床にあるかたや、亡くなられた方などの便りが届く。
 このような時、一日も早く再審開始、無罪獲得の報を届けたいと強く思う。

 今狭山現地は、レモン、スダチ、みかんの花が咲き、桜の木にはサクランボの固い実がいっぱいだ。もう少しでサクランボが実り、レモンやスダチも収穫できるだろう。夏にはブドウがいっぱい採れ、夏休みに現調に来て下さった子どもたちがぶどう狩りを楽しめるだろう。

   
レモンの花(蕾)  サクランボ 

  その前に5月の三者協議がある
三者協議でも大きな収穫があると信じている
 隣の家の藤の花が今満開だ