2015年8月19日、福岡県から解放子ども会(中学生)の皆さんの現調がありました。蒸し暑さはあったものの、つい先日まで猛暑日が続いていた時よりも少ししのぎやすく感じられました。
 朝6時に出発され、福岡空港から狭山に到着されたのは午後2時過ぎ、それから現調、4時に現地事務所に帰ってこられた皆さんに、ぶどう狩りを楽しんで頂きました。今現地事務所には小粒ですが、とっても甘いデラウェアがたわわに実っているのです。その後事務所で交流会をしました。朝6時に集合し、福岡から飛行機に乗り、そのまま狭山まで電車で来て、すぐ現調と、暑い中をすごく頑張り、疲れたと思いますが、ぶどう狩りを楽しんで下さった皆さんの笑顔がとっても素敵でした。子ども会の皆さんを送り出して下さった多くの方たち、現調して下さった皆さん、ありがとうございました。

   

  石川は皆さんを歓迎して下記歌を入口に貼ってお迎えしました。
 夏が過ぎれば間もなく25回目の三者協議が10月上旬に予定されています。夏休みを返上してたくさんの子ども会の皆さんが狭山に来て下さったことが石川にとって大きなエネルギーになるでしょう。

 
吾がへいにたわわに実った赤ぶどう 皆を待ちわび食べてもらいたく (現地事務所の入口に貼った歌)