2015年9月19日午後、駿河台大学の学生さんの現調があった。
このところ雨が続いて心配していたが、この日、雨はなかったものの蒸し暑い1日だった。

 11時半から14時過ぎまで、石川は、眼科にいた。8月11日に右目の手術(白内障)をしたのだが、少し影があるということで、処置をしてもらっていたので、学生の皆さんとの交流会に間に合うか心配したが、何とか間に合った。

 このところ国会では安保法案が審議され、強行採決されようとしている時、じっとしていられなく、毎日のように国会前に座っていた。理解も共感も、得られぬまま、憲法違反の法案は、強行採決された。しかし、確かに人々は声を上げはじめた。闘いはこれから。このことを決して忘れず、強行採決をした人を決して忘れず・・・・・この人たちを選ばない道、闘いがある。

 そのようなことを想いながら、若い人たちが狭山に来て下さったことにも希望をつないだ日だった。

   
「殺害現場」とされる雑木林跡地  すぐ横には曼珠沙華が