部落解放八女地区共闘会議狭山現地研修  2015年11月6日

 秋晴れのさわやかな一日、福岡県八女地区共闘会議の皆さんが現調に来て下さった。
現調で思うことは、半世紀を超えた狭山事件の現調に今も多くの人が、遠くから、近くから、狭山に来て下さる事だ。

    
 狭山現地事務所でお礼の挨拶を  解放子ども会からの寄せ書き 

八女地区共闘会議、古殿了一議長より「石川さんの冤罪を晴らす為共に闘う」と挨拶を頂いた。現調された皆さんから「現地を歩けば真実がわかる。裁判長にも来て頂きたい」と感想を頂くことは、石川の歌にあるように、見て、歩いて、聞いて、自分が確かめて、感じて頂きたい、と願う私たちにとってうれしいことだ。 
 解放子ども会からの寄せ書きを持って来て下さったこともうれしかったです。みなさんありがとうございました。

   
鞄発見現場で  現調の途中 真っ白いバラが 咲いていた