東京清掃労働組合 清掃・人権交流会狭山現調  2017年6月25日

 

 2017年6月25日、東京清掃労働組合 清掃・人権交流会から現調に来て下さいました。
今回で22回目の現調だと思いますが、毎年現調に来て下さる皆さんに心から感謝しています。
富士見集会所で10時から学習会。部落解放同盟・東京都連副委員長、狭山闘争本部長の松島さんから、講演がありました。石川は、事件発生から54年も過ぎた狭山事件に、今も証拠隠しを続けている検察に対し、満腔の怒りを語り、それでも闘いによって、勝ち取った開示された証拠を力に、弁護団が新たな無実の証拠を見つけ出し、鑑定書を裁判所に提出したことを報告、これらの鑑定人尋問等、事実調べを行わせる大きな世論を起こすために力を貸して頂きたいと訴えました、
 午後から2グループでの現調。汗だくになって現地事務所に帰ってこられた皆さん、ありがとうございました。 狭山カレンダーも多くの人が購入して下さり、狭山署名も頂きました。

   
 松島狭山闘争本部長の講演 歌を読む石川 

 代表の押田さんより、2017年7月9日、上智大学四谷キャンパス2号館414室で映画「SAYAMA みえない手錠をはずすまで」の英語字幕版上映会が18時開演(17時30分開場)で上映されることも紹介されました。英語通訳が付きます。英語でも日本語でも楽しめます。
映画監督の金聖雄さん、石川一雄、早智子も挨拶をさせて頂きます。
どなたでも入場できます。皆さんのお越しをお待ちしています。