2017年6月17日 部落解放神奈川県共闘会議の現調は暑さの中でも少し風があり、しのぎやすい一日でした。午前11時から富士見集会所で交流学習会、午後から現調でした。毎年この季節に現調に来て下さっていますが、今年は、初めての参加の人が殆どで、主催者から「できるだけ多くの人が狭山事件を直接知り、学習してもらいたいと、まだ狭山現調に来ていない人を中心に企画した。狭山事件の一日も早い無罪獲得に向け、勝利まで共に闘う」との挨拶をいただきました。5月16日は神奈川県共闘の学習会が横浜であり、5月23日の日比谷野音で開かれた狭山集会にも大勢で参加して下さった皆さん、長い狭山闘争を支え続けて下さった皆さんに心から感謝いたします。
 今から15年くらい前に神奈川の狭山学習会の時に頂いた真っ白いアジサイが今年もいっぱい咲いています。

   

 
 真鍋牧師と

6月18日、今年も東京・堀切教会で「石川一雄さん、早智子さんを励ます会」を持ってくださいました。今から10数年前、初めて堀切教会に来たときは台風の真直中で、多分中止だろうと思いながらも、教会に行くと、10人くらいの人が教会に来て下さっていて驚いたものでした。それ以降、いろいろな形で支援を続けて下さっている皆さん、まるで家族のように接して下さっています。15筆の狭山署名を頂きました。また教会の壁には「狭山カレンダー」がかかっており、此の事も感動でした。
 今年も1時間半ほどかかる狭山まで送って下ったMさん、皆さんありがとうございました。


 2017年6月19日、「2017年度関東教区新任教師オリエンテーション」として狭山現地研修をして頂きました。関東地域に新しく赴任される牧師さんたちです。新狭山にある狭山教会で「狭山事件に学ぶ」と題した講演を受けられた後、現調をされました。
蒸し暑い日で、じっとしていても汗がにじむような中を皆さん熱心に石川の話を聞いて頂き現調をしてくださいました。ここでも多くの新しい出会いを頂きました。「5月23日の狭山集会の日に『狭山カレンダー』を買い求めましたが、写真も内容もすごくいいので」とまた新たに沢山のカレンダーを買い求めて下ったこともうれしい事でした。


 6月20日、第33回目の狭山高裁前アピールの初日(別ページ)でした。


 
 6月21日部落解放同盟・埼玉県連・狭山支部の総会です。
少し体調を崩してる支部長・石川六造さん(一雄の兄)も「弟の無罪を勝ち取るまでは」と歯をくいしばり闘いを続けています。

狭山現地事務所のブドウの木は今青い房がたわわに生っています
あと一カ月もすれば紫いろになったおいしいブドウがいっぱい採れることでしょう