近 況 

 2017年11月1日、前日の狭山集会に引き続き、部落解放共闘九州ブロック県民会議の皆さんが現調に来て下さった。31日の集会、デモ行進、そして、翌日の現調と強硬な日程だと思うが、毎回10.31集会後の現調を続けて下さっている。
 9時45分、狭山市駅に着き、すぐ現調。現調を終えて、現地事務所に着いたのは12時頃。九州は遠いので、狭山までなかなか来られないのでこの機会にと来て下さる皆さん、ありがとうございました 。

 
 石川が撮った十三夜の月


 
 この日は十三夜だったそうだ。石川が「月がきれいに出ているよ」と教えてくれた。


 福岡のMさんから大きな荷物が届いた。お手紙に「今年の夏は特別暑かったので家にこもり着物をほどき、「さっちゃん人形」」をつくったり、傘をばらして「腕カバー」を縫う毎日を過ごしていたらこんなにたくさんできました。また、地区の子ども会のバザーで売れた金額少しですが、食事代等に使って下さい。今だに証拠を隠す検察は何を考えてるのでしょうか?組織ではなく、一人の人間として考えてほしいと思います。10.31集会には行けませんが、博多の空からエールを送っています。お体にはくれぐれも気をつけてお互いにガンバロウ」(一部省略)と書かれていた。これまでMさんから、着物や帯等で作った「小物入れ」「さっちゃん人形」、傘で作った「腕カバー」「雨用帽子」等、何回送って下さったかしれない。Mさんが衣類や、傘を再利用し、手間暇かけて作って下さったすてきな品々は、現調に来て下さった方々に「福岡の方が作って下さいました」と差し上げ、とても喜んで下さっています。ありがとうございました。

   

 10月31日、集会を終え、狭山市駅から帰る途中、石川がちょっとした段差につまずいて転び、腕や足、顔を打った。今日(11月2日)も顔は傷だらけ。11月6日から始まる大阪全研までには治るかな~ (ー_ー)!!   
 明日は保護司さんとの面談。