第48回部落解放全国高校生集会 第60回全国青年集会

 
 辛淑玉さんと

 2016年8月20日~21日、鳥取県で全国高校生集会、全国青年集会が開かれた。全国各地から若い人たちが集まってくることは部落解放運動にとっても、狭山闘争にとってもうれしいことだ。
 8月20日全体集会は、辛淑玉さんの「戦争と差別を読み解く」と題した講演。久しぶりに辛さんとお会いした。「貧乏は不幸の入り口・・・金持ちが戦争をし、貧乏人が人殺しを強いられ、殺される。」ズバリ言い当てる。
 20日、16時からと21日9時から12時まで、5分科会での討論、意見交換。第2狭山分科会はいつも以上に参加者が来て下さり、会場に入りきらないくらいだった。青年、高校生が狭山に関心を持って下さる事がうれしい。

 
 中北弁護士の講演  多くの人が分科会に来て下さいました

 大阪、兵庫県連からの活動報告、部落解放同盟安田聡さんからの狭山の現状報告。狭山弁護団・中北弁護士から「狭山第3次再審について」と題した報告があった。
一番前に座っていた宮崎県から来られたという中学生が2人、中北弁護士のお話を身じろぎもせず聴き、ずっとメモを取っていた。それだけで狭山から鳥取まで、片道7時間半かけて行ったかいがあった。ありがとうございました。

   
大阪から報告  兵庫から報告