7.12狭山江東地区集会

 2017年7月12日、今回で21回目の狭山江東地区集会が江東区総合区民センターで開かれた。
狭山市駅から西武新宿線で高田馬場駅 東京メトロ東西線 九段下駅から都営新宿線 西大島駅下車徒歩1分のところにある。
今回もまた失敗 (ー_ー)!! 西大島駅を2駅通り越して東大島駅まで行ってしまった。すぐに引き返した。時間は十分余裕を持って行ったので間に合ったが、最近はこのような失敗が多すぎる。 前日、大阪のBinさんから二人に帽子をプレゼントされていた。高裁前アピールで帽子をかぶらずマイク情宣を続けている写真を見て送って下さったのだろう。石川は普段あまり帽子をかぶらないし、特に高裁前では被らないが、よく似合っていたので、狭山現地事務所で写真を撮ってBinさんに送った。二人でおそろいの帽子で集会に出かけた。
江東地区集会は、私が狭山に来て、東京では初めての集会だったと思うので第1回の集会はよく覚えている。当時支部長(今年5月で退任)をされていた雨宮さんが、集会後、狭山まで車で送って下さった。最近少し体調を崩されているが、この日もお会いすることができた。雨宮さんの亡くなられたお兄さんと石川が同じ年ということで、石川を兄のように思い、いつも温かく接して下さった。あの日から20年あまり・・・・・・再審裁判は始まらず、多くの人にご支援、ご心配をおかけする日々が続いている。
 江東共闘代表幹事・山口さんから「2017年が狭山の闘いの大きな転換期になるよう全力で闘う」と主催者挨拶。

   
江東支部支部長:飯塚康浩さんの挨拶  江東共闘代表幹事:山口順二さん主催者挨拶 

 狭山弁護団の河村健夫弁護士から「狭山第3次再審請求審の現状と課題」と題した講演。石川のアピールの後地域の仲間から連帯のアピール。
閉会挨拶は5月の大会で支部長になられた飯塚康浩さん「これまで弁護団が積み上げた証拠が真実を明らかにする。全力で再審開始を闘う」とあいさつを頂いた。
 フェイスブック「狭山事件の再審を実現しよう」に詳しく報告されています。